top of page
  • 執筆者の写真管理人

【CGS 山岡鉄秀 日本人のための情報戦 第22回】日本人の歴史観が利用されている!?「歪んだ言論空間」を生み出す二重構造とは?



今回は、「歪んだ言論空間」を生み出された過程やその影響などをお話ししていただきました。


戦後、GHQの下で日本人は様々な影響を受けてきましたが、その中の一つに、日本政府が日本人に言論統制をさせない、ということがありました。

一見、言論統制をしていないということは良いことのように感じますが、「日本政府が言論統制をしない」だけであって、実は別の第三者によって日本は言論統制されているのだと山岡さんは語ります。

その言論統制、いわゆる「歪んだ言論空間」が生まれた過程とは?

詳しくお話ししていただきました。

最新記事

すべて表示

【CGS 山岡鉄秀 日本人のための情報戦 第21回】言論統制を行っているのは誰なのか?日本人が認識すべき「歪んだ言論空間」

今回は、「歪んだ言論空間」をテーマにお話ししていただきました。 SNSやインターネットによって、どんな情報も発信し、収集できるようになった現代社会。しかし、その情報を発信するSNSやサービスである「プラットフォーム」を管理する、「プラットフォーマー」に情報を制限されていたと…

Comentários


Os comentários foram desativados.
bottom of page